一重でなければ二重にしちゃえばいい【美容整形の魔法を体感せよ】

整形と保険

基本的に適用外

人々が病院やクリニックで何か施術や治療を受ける際の支払いですが、基本的に発生した料金の三割を支払う事になります。保険に加入しているからであります。しかし保険に加入していない状態であると、施術や治療を受けた際は全額負担となります。保険に加入しない生き方もありますが、少しでも病院へ行く頻度が高いのであれば加入していた方が良いです。そして基本的に保険は働いているのであれば加入している物とされているので、どの病院やクリニックも基本的に患者は保険に加入しているという事を前提で営業をしています。そして美容整形外科は「外科」とありますが、保険は基本的に適用されません。何故なら美容整形は病気の治療で受ける物ではありません。美容の為に治療を受けるのです。従って治療ではなくただの施術になりますので、保険は適用外となるのです。

適用される場合

二重整形は当然治療の為ではありませんので、保険は適用外となります。二重整形以外の整形手術や施術も当然保険は基本的に適用外です。しかし適用される場合も稀にあります。受ける整形施術が何かの疾患を改善する為であると認められれば、保険が適用される形で美容整形を受ける事が出来るのです。二重整形であれば、逆さまつげが重症である場合に受ける切開法や埋没法であると適用されます。他にもワキガなど、少々症状が病的であり自分自身の負担になっている場合は適用されます。全く保険が適用されない訳ではないのです。もし治療の為に美容整形を受けたいのであれば、まずは美容整形医院に相談をしましょう。